ミリタリー・インフォ☆☆世界軍事情報☆☆

世界の軍事に関するニュースを速報紹介。紛争レポート、最新装備、タクティカルシューティングなどミリタリーマニアにオススメの情報盛りだくさんのニュースブログです。

北アフリカでの対アルカイダ秘密作戦で海兵隊員2名に勲章授与

f:id:mil-info:20180818221921j:plain
米アフリカ軍のスポークスマンは水曜日、米海兵隊特殊作戦コマンドの隊員2名が、昨年北アフリカで生起したアルカイダ勢力との戦闘において武勇を発揮したとしてヴァロー勲章を受章したと発表した。
2名が所属する特殊作戦チームは北アフリカにおいて某国軍隊の教育訓練及び軍事援助のため3日間の作戦に出ていたところ、2017年2月28日にアルカイダ民兵組織「イスラムマグレブアルカイダ」と激しい戦闘となった。
勲章を授与された2名の海兵隊員は「レイダース」と表記され、2人の氏名、軍歴やチームの作戦行動の詳細などは機密とされ、公式には発表されていない。



米アフリカ軍のスポークスマンによると、戦闘の状況はまず現地軍の部隊がアルカイダと交戦しアルカイダ戦闘員1名を殺害。アルカイダ海兵隊の特殊作戦チームと現地軍に対して迂回攻撃を仕掛けたため、自衛のために反撃したという。航空支援のヘリコプターは到着していなかった。
ヴァロー勲章を受章した海兵隊員の一人はチームのアシスタント・リーダー(通常は軍曹)で、「的確に通信を保ち、友軍の正確な位置を報告した。」また、敵から激しい射撃を受けながらも、負傷した隊員に応急処置を施し、6フィート上空でホバリングするヘリコプターまで負傷者を搬送したという。
もう一人はチームメンバーの海兵隊員で、搭乗していたヘリコプターから激しい戦闘の様相を察知すると、近接航空支援を調整し、上空のガナー及びパイロットを指揮して、地上のアルカイダ民兵に対して効果的に射撃を加えた。これに対してアルカイダも正確な射撃を浴びせて応戦、ヘリに搭乗していた現地軍のガナーは足に2発被弾してしまった。「レイダース」の隊員はすぐさまガナーに代わってM60機関銃を構え、地上への制圧射撃を続行したという。
「彼は敵の激しい射撃の中、負傷した海兵隊員2名の後送及び2回の補給活動を完遂した。」
戦闘は現地軍部隊が地域を制圧して終息、負傷した海兵隊員2名も現在は完全に回復しているという。
海兵隊アルカイダが交戦したこの戦闘の7ヶ月後には、ニジェールにおいて米特殊部隊員4名が「イスラム国」に殺害される事件が発生し、国防総省はアフリカにおける特殊作戦の大幅な見直しを迫られることになった。

朝鮮戦争時の米兵の遺骨が返還 捜索の再開も

f:id:mil-info:20180728020731p:plain
ジム・マティス米国防長官は金曜日、北朝鮮が55柱の米兵の遺骨を返還したこと受け、朝鮮戦争で行方不明となった米兵の捜索が再開されることに期待感を示した。
マティス長官は55柱分の棺を搭載した米軍機が北朝鮮に向かったことについて、「一歩前進だ。前向きな雰囲気になっている。」と語った。
マイク・ポンペオ国務長官によると、今月の初めには北朝鮮が管理している米兵の遺骨返還と遺骨収集のために旧捕虜収容所跡などを共同で捜索することについて合意していたという。



在韓米軍及び国連軍司令官のブルックス大将は8月1日に遺骨を正式に受け取るための式典を執り行い、遺骨を家族に返還する作業に入る予定であり、「遺骨を家族の元へ届けられることは名誉あることだ」という。
すでに米空軍のC-17 グローブマスターが北朝鮮のウォンサン近くにある空港に向かい、星条旗に包まれた55柱の遺骨を乗せて韓国のオサン空軍基地に到着している。
マティス長官の指示により、今回の返還は65年間に渡って休戦協定の遵守を監視してきた国連の管理下において行われた。
ブルックス大将は「綿密な調整のおかげで任務は無事に成功した。」という。
遺骨の受け取りの式典では、国連旗ではなく星条旗が掲げられ、遺骨はハワイのヒッカム空軍基地に運ばれる予定。

殺害された米兵は陸軍兵士 アフガニスタン

f:id:mil-info:20180710020838j:plain
土曜日にアフガニスタン治安部隊隊員の寝返りによって殺害された米軍兵士は、新設された治安部隊支援旅団(SFAB)所属の伍長であることがわかった。
米陸軍当局は日曜日、カリフォルニア州出身のジョセフ・マシェル伍長20歳がアフガニスタン治安部隊隊員の寝返りによって殺害されたと発表した。負傷した2名については不明のまま。
マシェル伍長はジョージア州フォートべニング駐屯の第3師団第3歩兵連隊第1大隊所属で、第1治安部隊支援旅団として2月からアフガニスタンに派遣されていた。ブロンズ・スター、パープル・ハートなどを受章しているという。
大隊長デヴィット大佐は「伍長は優秀な隊員であり、チームメートに愛され、献身的に任務を遂行した。悲しみにくれるご家族やご友人にお悔やみを申し上げる。」と弔辞を発表した。



陸軍は地球上のあらゆる地域で軍事援助・顧問任務や相手国軍隊の教育訓練を行うことを目的として、2年前から治安部隊支援旅団(SFAB)を編成し、準備と訓練を実施してきた。今年の初めには第1治安部隊支援旅団がアフガニスタンに初めて派遣されている。事件の数日前には、国防総省が同旅団の任務が成果を挙げているとの報告書を発表したばかりであった。
マシェル伍長が殺害された状況については伏せられており、詳細は不明。2008年以来、アフガン治安部隊の兵士が米軍兵士を攻撃する事件は毎年発生しているが、死亡に至った事件としては今年初めて。

米軍兵士が死亡 寝返ったアフガン人が攻撃

f:id:mil-info:20180708145500j:plain
アフガニスタン南部で土曜日、寝返りしたアフガン治安部隊隊員の攻撃によって米軍兵士1名が死亡、2名が負傷した。
当局は現在のところ事実関係を調査中であるとし、死亡した兵士の氏名などは家族への連絡など国防総省と調整の上で発表するとしている。



米軍がアフガニスタンにおける戦闘任務を終了させ、アフガン治安部隊への援助及び顧問任務に転換した2015年1月以来、49名の米軍兵士が死亡している。今年だけでも戦闘により3名が死亡した。
アフガン治安部隊隊員が敵に寝返り、米軍兵士を攻撃する事件は、2008年以来毎年発生している。特にタリバンが支配する南部のヘルマンド州が一番多い。
ルマンド州にはアフガン治安部隊を支援するために、米海兵隊「タスクフォース・サウスウェスト」が展開している。

米空軍、搭乗員向けに自衛用ライフルを採用

f:id:mil-info:20180708080423j:plain
米空軍は、戦闘機や爆撃機のクルー用の新小銃を採用した。この半自動自衛用ライフルは脱出用サバイバル・パックに収納される。
米空軍のスポークスマンによると、新しい小銃はGAU-5A Aircrew Self Defence Weapon(ASDW、搭乗員用自衛火器)といい、十分なフィールドテストの結果採用が決まった。
「ADSWは戦闘任務において緊急脱出が想定される全ての航空機に搭載される。空軍の要求基準に基づく評価テストの結果、ADSWは敵をより遠い距離に留めることができる、と認められた。」
従来、パイロット達のサバイバル・パックにはナイフと拳銃が収納されていた。ADSWにより墜落や緊急脱出で敵地に降りたクルーがより強力な自衛火器を持つことになる。
ADSWが搭載される予定の航空機は、F-15イーグル及びストライク・イーグル、F-16ファイティング・ファルコンA-10サンダーボルトⅡ、F-22ラプター、B-1Bランサー、B-52ストラトフォートレス、B-2スピリットなど。



スポークスマンによると、M4を基に開発されたADSWはサバイバル・パックに追加装備として採用されるため、ナイフや拳銃は装備品に残るという。GAU-5Aはすでに量産に入っており、2137丁が納入予定。
GAU-5Aは通常の5.56mm弾を使用し、セミ・オート及び3発バースト射撃が可能。一部報道によると、Cry Havoc Tactical社のクイック・リリース・バレルを採用しているという。
GAU-5Aという記号は、ベトナム戦争時代にM16を基にした自衛用火器につけられていたもの。当時は他にもXM177E2を基にした銃も採用されており、こちらはGAU-5A/Aと表記されていた。
米空軍は1999年コソボ紛争においてF-16セルビア空軍のMiG-29を撃墜して以来、20年間空中において敵機とドッグ・ファイトを演じたことがないが、一方で同年のNATO軍によるユーゴスラビア空爆において、F-16CJが敵の地対空ミサイルで撃墜されている。このときのパイロットは現空軍参謀総長のゴールドフィン大将であった。
空軍は近い将来にロシアや中国といった米国に対抗しうる力を持った国と大規模な戦争になった場合、クルーたちの危険度が増すのではないかと危惧しており、最近のシリアでの経験から教訓を得ようと努力している。
「訓練では効率を追求して無駄を省き、反復演練する時間を多く取るようにしています。」と第414教育飛行隊のミカエル大佐は語る。飛行隊では地球上のいかなる場所でも戦闘任務を遂行できることを目的として、実戦的な訓練を提供しているという。
「任務を成功させるには、敵の空対空システムだけでなく、地対空システムを制圧することが必要になります。適切な指揮統制に加えて、情報・監視・偵察が作戦の成功要因なのです。」

無人機から身を守る 米陸軍ドローン・スクール

f:id:mil-info:20180630134606j:plain
フォート・ベニングの陸軍駐屯地で若い兵士を対象にドローンの教育を実施する学校(ドローン・スクール)が開設された。兵士たちがM4小銃を扱うのと同じくらいドローンにも習熟させることを目的としているという。
第316騎兵旅団第16騎兵連隊第3中隊は6月11日、新たに「小型無人飛行装置(Small Unmanned Aerial System,SUAS)訓練コース」を設置、併せて基礎訓練中の新兵たちに対しても教育を開始している。
「新兵達は部隊に配属される前にドローンについてよく知っておく必要があるのです」と、主任教官のドミンゲス1等軍曹は言う。新兵たちは、ドローン・スクール入校中の学生達からドローンがどのようにして飛行するのか、また部隊の上空をドローンが飛行していたらどのように対応したら良いのかを学んだ。



例えばドローンを発見した場合は、7項目の報告文を速やかに作成して無線で上級部隊に報告することや、敵のドローンから身を隠す方法、ドローンが誘導する砲撃による味方の損害を抑えるために分散することなどだ。「敵もドローンを持っているし、我が軍がいつも制空権をもっているとは限らない。」と認識することが重要だという。
SUASコースでは、ラベンやピューマといった固定翼の遠隔操作式ドローンやインスタント・アイのような回転翼式のドローンについても学ぶ。教育に入校するのは主に歩兵部隊と偵察部隊の兵士で、教育を修了後は旅団や大隊の主任教官として活躍する予定だ。現在、部隊ではドローンパイロットの技量にバラツキがあるためにドローンの無駄に損耗するなど現場の部隊指揮官を悩ませているという。

シリア化学攻撃の証拠は捏造 ロシアが発表

f:id:mil-info:20180627013558p:plain
ロシア政府は金曜日、シリア政府軍が市民に対して化学兵器を使用したとして、アメリカ及び有志連合諸国が糾弾している証拠が捏造されたものであると発表した。
ロシアの外務省と国防省はまた、シリアの化学兵器を国際的に監視したが、そのような化学攻撃の事実を客観的に証明することはできなかったという。
ロシア軍CBR防護部隊のキリロフ少将は、化学兵器禁止機関の調査員たちは化学兵器が使用されたという場所には行っておらず、反政府側が捏造した証拠を本物だと信じ込んでいるとしている。シリア政府は化学攻撃を否定している。
アメリカ、イギリス、フランスなど有志連合各国は、シリアの化学兵器使用をロシアが支援しているといって、国際世論をミスリードするつもりだ。」とキリロフ少将はいう。
AWA


少将によると、反政府勢力の支配地域で「ホワイト・ヘルメット(シリア民間防衛隊)」の活動家たちがサンプルをすり替え、爆薬を使って化学爆弾が投下されたような穴を捏造したという。彼ら自身が撮影したという写真には、サリンが使用されたという地域であるのに化学防護服も着用せずに作業している活動家が写っており、神経ガスであるサリンが使用されていたならあり得ないことだ、と少将は言う。
キリロフ少将は、反政府勢力が大量のガス弾がヘリコプターから散布されたと主張する写真についても、ガス弾が落ちてきたという部屋なのに、食器棚やベッドが傷一つついておらず、他の場所から部屋の中に引きずって来たことは明らかだとして写真の信憑性を否定した。
シリアのドゥーマ化学兵器が使用されたとするニュースを受けて、アメリカ、イギリス、フランスはシリア対して懲罰的なミサイル攻撃を行ったが、ロシアはこれを国際法違反だとして非難している。
OPCWの調査チームはすでに現場を離れてしまっている。国連安保理においてシリアを支援するロシアが反対したためだ。
キリロフ少将は一方で、反政府勢力の弾薬集積所では40トン以上の塩素ガスなどが発見されているのに、OPCWは見てみぬふりをしていると非難する。ドゥーマを占領したシリア政府軍によると、反政府勢力はドゥーマ化学兵器の研究施設を設けており、マスタードガスを生成するための器材や、4月に市民に使用されたとされる塩素ガスの入った容器も見つかったという。