ミリタリー・インフォ☆☆世界軍事情報☆☆

世界の軍事に関するニュースを速報紹介。紛争レポート、最新装備、タクティカルシューティングなどミリタリーマニアにオススメの情報盛りだくさんのニュースブログです。

マグプルPMAG GEN M3に新製品登場

f:id:mil-info:20180215210432j:plain
AR-15/M4系の銃に今までなかった.300BLK用のマグプル300AACが登場。
.300弾はAR系の銃の能力向上が可能で、交換するのは銃身のみ、弾倉やボルトなどはそのまま使用できる。300BLKは短い銃身やサプレッサーの使用に適するようにデザインされていて、超音速弾は7.62x39mm弾と同等の性能を有し、亜音速弾は9mmルガー弾よりもサプレッサーの使用に適している。
.300BLK弾はスタンダードなARやM4の弾倉に適合するように開発されてはいるが、もともとは性能が悪く互換性に欠ける5.56x45mm弾の代わりとして開発されたものである。
300BLK弾は5.56mmの弾倉でも使うことは可能だが、弾や弾倉によっては合わない場合もある。
発射時のカスと汚れによって故障が起きやすくなる場合もあり、特にサブソニック弾や鋳造弾は、側面にかかる圧力が摩擦を起こすために作動を遅らせてしまう。
弾の重量や形が異なるために作動に問題が起こるのだとすれば、やはり300BLK弾専用の弾倉が必要になってくる。
300BLK弾が普及してきていることを考えれば、マグプルが.300BLK弾専用のPMAGを開発するのは当然の結果だろう。マグプルの新製品「PMAG 30 AR 300 B GEN M3」は.300BLK弾を使用するAR系ライフル専用の弾倉だ。装弾数は30発で、様々な仕様の.300BLK弾が使用できるように工夫されている。
f:id:mil-info:20180215210447j:plain
「PMAG 30 AR 300 B GEN M3」は独特の模様(リブ・パターン)がつけられており、射手が目と手で確かめられるようになっている。これは他のPMAGとしっかり区別できようにすることで、危険な誤装填を防ぐためだ。もし5.56mmの薬室に.300BLK弾を装填すると、弾頭が押し込まれて薬莢の中に入り込んでしまい、そのまま撃発すると大変危険だ。その点PMAGならリブ・パターンで簡単に区別ができるので、事故を防止できる。
「PMAG 30 AR 300 B GEN M3」は当然ながら、他のGEN M3シリーズと同じ優れた特徴を備えている。耐衝撃・耐クラッシュ仕様ポリマー、アグレッシブな風合い、脱着容易なフロアプレート、名前やマーキングができるラベル欄、オーバートラベル・ストップ、ダストカバーなどが備わっている。
GEN M3シリーズには以前のバージョンに比べてリブの凹凸が滑らかになっている。これによりタイトなマガジンポーチでも出し入れがしやすくなっている。
f:id:mil-info:20180215210502j:plain
また、ミルスペックのステンレス・スプリングを使用、曲げに強いフォロワー、確実に弾を送り出す滑らかな弾倉の曲線も他のPMAG同様だ。
「PMAG 30 AR 300 B GEN M3」には全てのPMAG GEN 3のアクセサリー、例えばMagLink,Ranger Plate,Original Magpulなどが使用可能である。

シーア派民兵組織がアメリカ製M1戦車を保有

f:id:mil-info:20180212111858j:plain

イスラム国(ISIS)との戦いの混乱の中で、イランの支援を受けた民兵組織がアメリカ製のM1A1戦車を入手していることがわかった。同戦車はアメリカ政府がイラク軍に供与したもの

イスラム国の軍事作戦に関する監査報告によると、イラク動員軍(PMF)という民兵組織が9両ほどのM1A1エイブラムズ戦車を保有しているという。PMFイラク治安部隊の一部として活動し、2015年のティクリートや昨年のモスルでの戦闘に参加している。

PMFシーア派民兵組織であり、昨年秋にはこれらの戦車を使用してイラク北部のクルド人に対して攻撃を仕掛けた。この事件にアメリカ議会は激怒し、イラク政府に対し軍事援助を削減すると警告する事態に発展した。

これを受けてイラク政府はPMF保有するM1戦車を全て掌握したとしているが、同報告書によれば、PMFは現在もM1戦車を保有しているという。

独立宣言を発表したのをきっかけにイラク軍はクルド人勢力に攻撃を仕掛け、クルド人が支配していたキルクークを奪還したが、この際、シーア派民兵がM1戦車を使用していたとクルド人側は主張している。

米議会上院の軍事委員会は、「クルド人は米国にとって長年の頼もしい友好的勢力であり、イスラム国との戦いのために供与した武器をクルド人に対して使用することは断じて許せない」と非難している。

アメリカ政府は2005年以来、イラクに対して220億ドル以上の武器及び装備の有償供与を行ってきている。国務省も2015年からペシュメルガなどのクルド人勢力を含むイラク軍を強化してイスラム国と戦うために、40億ドルの資金援助を実施している。

報告書は「イスラム国をイラクから締め出すための作戦が始まって以来、国務省国防総省に対しイラクへの武器供与についての詳細な説明を求める声が高まって来ている」としている。

イラクはすでに150両ほどのM1戦車を受領している。2014年にISISとの戦いでいくらかの損耗が出ると、米議会にはさらに175両の戦車を供与する計画が出されていた。

120ミリ滑腔砲を装備したM1A1エイブラムズ戦車は、1980年代にM60戦車に代わって採用されたアメリカ軍の主力戦車で、劣化ウランを使った装甲を有し、無敵戦車と言われた。90年代には湾岸戦争においてロシア製T-72戦車を圧倒し、一躍注目された戦車である。

それから数十年たち、車体後部に弱点があることが判明してM1戦車が無敵と言われることはなくなった。車体後部は道路脇に仕掛けられた爆弾や対戦車ロケット弾に対して脆弱であったのだ。ロシア製コルネット対戦車ミサイルでも撃破できることが証明されている。しかしながらまだまだ敵にとっては脅威となる存在である。

 

オスプレイ部隊の隊長が解任 在沖縄海兵隊

f:id:mil-info:20180211091059j:plain
海兵隊は、沖縄駐留のMV-22オスプレイ部隊の指揮官を「能力が不足しており、部隊を任せることはできない」ことを理由に解任したと発表した。



海兵隊によると、解任されたのは在沖縄海兵隊の第265海兵中型ティルトローター機飛行隊隊長のブライアン・スウェンソン中佐。同部隊では半年前、強襲揚陸艦ボノム・リシャールから発艦したオスプレイがオーストラリアの海岸に墜落して海兵隊員3名が死亡する事故が発生している。この悲惨な事故の原因は未だ調査中で明らかになっていなかった。
同中佐の解任の理由については詳細は公表されていないが、まもなく同事故の調査結果が終了し、内容が明らかになる予定であることと無関係ではないと推測されている。

米陸軍は次世代小銃を模索;海兵隊M27は採用せず

f:id:mil-info:20180209181734j:plain米陸軍の装備開発部門は水曜日、M4カービン及びM249分隊支援火器(SAW)に代わる次世代小火器の装備計画について議会に報告した。
陸軍経理局のジョン・マレー中将は、上院軍事委員会の陸軍近代化に関する小委員会で、陸軍近代化の概要について説明した。
議論の的となったのは、敵の新しいボディーアーマーが5.56mm弾では貫通しなくなっていることに対して陸軍はどのように対応するのかという点だ。
同委員会のコットン議員は、「我々のM4に使用されている5.56mmNATO弾を貫通させないロシア製や中国製のボディーアーマーが普及してきている。これに対していかに対応するかは、前線の兵士には非常に重大な問題だ」



昨年の5月、陸軍のマーク・ミレー大将は同委員会で証言し、敵のボディーアーマーはESAPIのような米軍正式採用品の防弾プレートと同等であり、米軍のM855A1弾では貫通できないことを認めた。
この証言をきっかけに歩兵部隊に7.62mmICSR(Inteerim Combat Service Rifle)を装備させようという話が出たが、進展はなかった。
現在のところは、まず第1段階として7.62mm分隊狙撃銃を取得するところから始めて、2段階式での解決を図っているとマレー中将は言う。
「この銃は最新式のボディアーマーをも貫通させることができる。銃の取得を急ぎ、2018年から7.62mm分隊狙撃銃の運用を開始する予定だ」
陸軍は併せて7.62mm徹甲弾の装備化を望んでいるが、これは来年度以降になりそうだという。
しかし同大将によると「分隊狙撃銃は確かにボディアーマーを貫通するが、さらに長い射程を狙える次世代弾薬には適していない」という。
従って第2段階は「次世代の分隊小火器」の開発だ。
中将は「まずは5.56mm弾を使うM249分隊支援火器に代わる自動銃の開発だろう」と話すが、陸軍は海兵隊採用のM27歩兵自動銃を採用しないことを決定している。
「我々も海兵隊のM27を推薦したが、5.56mm弾ではボディアーマーを貫通できないということで断念した。陸軍は5.56mm弾以外の弾を使用する、ライフルかカービンのいずれかを開発するつもりだ。それが将来M4に取って代わることになるだろう。」
「それはおそらく7.62mm弾は使わない。おそらくテレスコープ弾かポリマー薬莢といった軽量化された弾薬を採用することになるだろう」
中将は、陸軍はすでにTextron System社が開発した試作銃を取得していることを認めた。
試作銃はTextron社の2種類の機関銃で、それぞれ5.56mmと7.62mmのテレスコープ弾を使用するものだ。
テレスコープ弾は陸軍の小火器軽量化技術プログラムから生まれたもので、陸軍は数十年に渡って莫大な投資を行ってきた。このプログラムを現在引き継いでいるのがTextron社だ。
中将は「まだまだ試作品は大きすぎるし、重すぎるのが現状だ」という。
「陸軍は最近、民間のアイデアを募るためにテレスコープ弾をtextron社に引き継いだ。試作品も納入を受けている」
「試作品は概ねM4と同じくらいの重量になっている。銃はM4より少し重いが、弾薬は少し軽くできている。だが、試作の弾薬は最新式のボディアーマーを貫通することができる。しかもそれはM4の有効最大射程よりも遠い射距離からだ。」
陸軍は次世代分隊小火器の運用を2025-26年と計画しているが、2022年または2023年には装備化が開始できるよう動きを早めている。

ロシアがバルト地域に弾道ミサイルを展開 リトアニア

f:id:mil-info:20180206210517p:plain
リトアニア政府は月曜日、ロシアがバルト海沿岸のカリーニングラードに核弾頭が搭載可能な弾道ミサイルを配置していると非難した。カリーニングラードリトアニアポーランドに囲まれたロシアの飛び地領土。近年、ロシアと西側諸国の関係は冷戦時代並に冷え込んでいる。
ロシアは先日、イスカンダル・ミサイルを訓練のために同地に派遣しているが、リトアニアのダリア・グリバウスカイテ大統領は、今回の弾道ミサイルは「恒常的な配置」だとしている。
同大統領はバルト海に面したこの地にミサイルが展開すれば、「西側諸国の首都の半分が射程に入ってしまうだろう」と警告している。
ロシアは2016年に「演習のため」としてイスカンダル・ミサイルをカリーニングラードに展開させ、NATO諸国を動揺させたことがある。
リトアニアの情報機関は最近の報告で、ロシアが核弾頭搭載可能なイスカンダル・ミサイルを配置したことは、NATOの動きに対応するために不可避なことであったと述べている。
昨年NATOは、ロシアの冒険主義に備えるためとして4カ国の軍からなる部隊をポーランドやバルト諸国に展開させた。米軍もパトリオット・ミサイルの訓練をリトアニアで実施した。
アメリカのマイク・ペンス副大統領は、同ミサイルをエストニアにも展開させる可能性を示唆している。
バルト諸国は7月にブリュッセルで行われるサミットにおいて、NATOがバルト地域の防衛強化で合意することを望んでいる。
一方で米国は隣国ポーランドミサイル防衛システムを売却する交渉の最中であることを公表し、ロシアに揺さぶりをかけている。アメリカの国務長官は、ポーランドと約100億ドルで売却する交渉中であることを明かした。実現すればポーランドにとって初めての近代的防空システム導入となる。
パトリオットは移動式の防空システムで、戦術弾道ミサイル及び低空で侵入する巡航ミサイルに対処可能なシステムである。

手のひらサイズのシューティング・コーチ;MantisX Firearms Training System

あなた専属の射撃のコーチがいつでもどこでも指導してくれたら、そんなうれしいことはない。

デジタル射撃コーチのMantisX Firearms Training Systemならそれができてしまう。これはまさに21世紀の射撃トレーニングであり、手軽に効果的なトレーニングが可能だ。高額な指導料に泣くこともない。

MantisXはその人の射撃を正確に診断し、より早く射撃精度を向上できるように製作されたシステムだ。2013年からプロトタイプを使ってあらゆるレベルの射手の診断テストを繰り返して完成した製品である。

「必要は発明の母」の言葉通り、開発者の一人であるオースティンは、自分の射撃がなかなか上達しないことに悩んでいた。射撃を上達させるツールはないかと探しても良いものが見つからない。そこで生まれたのがMantisXだった。

「MantisXは、今まで弾痕を見てもインストラクターにみてもらってもはっきりとは分からなかったところを正確に知るために開発しています。つまり照準が悪いのか、力が入りすぎているのか、銃の規正ができていないのかがすぐに判定できるのです。」

「以前行ったテストでは、40発中94%命中するまで上達させることができました。以来、法執行機関や軍、一般のシューターから多くの問い合わせが来ています」

MantisXはモバイルアプリとワイヤレスで連動するセンサーである。センサーは樹脂製で頑丈に作られている。非常にコンパクトで軽量であり、長さ1.88インチ、高さ1.0インチ、幅1.25インチ、重さはちょうど1オンスだ。アプリは無料でAndroidiOS両方に対応している。

センサーはアクセサリー・レイルを使ってどんな拳銃・ライフルにも装着することができ、銃の動きを感知して射手の射撃を診断する。

仕組み

センサーに搭載された3軸ジャイロスコープと3軸加速度計が引き金を引く間の銃のブレを感知する。収集されたデータはBluetoothを通じてアプリに転送され、記録・分析される。

非常に画期的な装置である。MantisXは実弾射撃時だけでなく、ドライファイアでも診断可能なので、いつでもどこでもトレーニングが可能だ。

アプリも常に改良されている。膨大なテストデータやユーザーからのフィードバックをもとに、MantisXのアプリは4~8週間ごとにアップデートされている。更新ももちろん無料である。

MantisXは射撃の前中後の間の銃のブレを分析し、射撃セッションのデータも集計して射手の撃ち方の良い点と悪い点を診断する。アプリには射撃結果とともに射手へのアドバイスが表示される。

使い方は簡単

MantisXアプリのユーザーインターフェースはよく考えられていて使いやすい。アプリには4つのセクションがある;TRAIN,HISTORY,LEARN,SETTINGSである。

・TRAIN 射撃の結果とともに弾痕の位置、1発ごとの分析などを表示することができる。拳銃射撃にはいろんなドリルがあるので、ドリルごとの速さや精度を記録しておくのに便利だ。

HISTORY 複数の射撃セッションの結果が表示されるので、上達の軌跡を確認することができる。使用した銃ごとの記録を取ることもできる。

・LEARN 銃のブレの原因を診断し教えてくれる。

・SETTINGS 銃の種類、拳銃・ライフルの別、右利き左利き、実弾射撃かドライファイアか、銃にセンサーを取り付けた位置などを設定できる。

使い方はアプリを立ち上げ、センサーのスイッチを入れたら、アプリとセンサーを接続する。スタートボタンを押したら射撃するだけだ。

MantisXは今までにない、非常に素晴らしい装置だ。これを使えば誰もがより良いシューターになれる。初心者はもちろん経験者でさえも、上達する余地がある。

MantisXはセンサー、充電用マイクロUSBケーブル、マニュアルがセットでPelican社の1010マイクロ・ケースで提供される。小売価格は149.99ドルである。

 

ガダルカナルの再現 米海兵隊がヘルマンドに再展開

f:id:mil-info:20180203202656j:plain
昨年4月に米海兵隊300名の軍事顧問団がアフガニスタンのヘルマンド州に到着すると、人々はタリバンに攻撃される危険を犯してでも戻り、守備を固め始めた。
しかし、この数カ月間に状況は変わった。米軍事顧問団の司令官によると、アメリカ軍の支援を得て、現地軍はタリバンに対して攻勢に出ているとのことだ。
タスクフォース・サウスウェストの司令官ターナー准将によると、今回の海兵隊の展開は2014年に「不朽の自由」作戦が終了し、海兵隊がキャンプ・レザーネックから撤収して以来の画期的なもの、とのことだ。
この数カ月、海兵隊アフガニスタン国防軍(ANDSF)がタリバンの支配地域を奪還し、守りを固めるのをずっと支援してきた。これによりアフガン国防軍は損害を劇的に減らすことができ、彼らは自信をもつことができるようになったという。しかしながら、前回の作戦と大きく異なるのは、今回の海兵隊の派遣には明確な目標がなく、ヘルマンドの戦いにただ飲み込まれているに過ぎないのかもしれない、と准将は語る。



人口密集地のゲレシュクと州都ラシュカルガはかつて海兵隊が派遣された頃にはタリバンの猛攻を受けていたが、海兵隊はすぐに支援を開始し、アフガン国防軍タリバンを押し返した。そこで彼らはタリバンが支配するナワ地方に注目した。
「我々はタリバンがナワ地方を完全には支配できていないことを知っていた。住民がタリバンをよく思っていなかったからだ。タリバンは6月にナワを占領したばかりだったのだ。これは我々にとってガダルカナルのようだと考えた。アフガン軍がタリバンの拠点を奪取することができれば、戦いの流れが変わると思ったのだ。」
ガダルカナルの戦いは第二次世界大戦中の1942年から43年にかけてイギリス領のソロモン諸島で行われたもので、戦争のターニングポイントになったと考えられている。連合軍が太平洋戦線において攻勢に出た最初の戦いであり、制空権を取り戻すことなく戦った日本軍はその後守勢に転じることとなった。
ターナー准将は、タリバンにとってナワ地方はガダルカナル島であり、ここに攻撃を加えればタリバンは消耗し、戦意を喪失するだろうと考えた。
「そこで、われわれは作戦地域を広げることにした。タリバンはこれに対応せざるを得なくなり、ラシュカルガやゲレシュクが攻撃を受けることは少なくなった。戦力を分散させたわけだ。」
これによって、州都周辺の道路は以前より安全になり、移動が容易になった。ラシュカルガの民間空港も再開し、地域に安心感が芽生えるようになった。
この支援作戦では、海兵隊は戦場に出ることなく、アフガンの軍上層部への助言、航空支援の調整、ドローンを使った情報収集や監視任務などの支援を行った。この結果、実際に敵と対峙して戦ったアフガニスタン部隊の損害も大幅に減少した。2016年と比較して40%も減ったという。
最近まで、タリバンとの戦いにおけるアフガニスタン軍の損耗率は衝撃的に高かった。2016年の報告では、最初の8ヶ月間で損害15000名、うち戦死が5500名だった。
ターナー准将は損耗が激減した理由について、「アフガン軍がタリバンをうまく追い込み、タリバンが準備していない場所で戦っているからだ」と説明する。もちろん米軍の航空支援が有効であるのは言うまでもない。
「アフガン軍は主導権をうまく握っている。もちろん勇敢さもあるからタリバンに打ち勝てている。だが、やはり『うまく追い込んだ』という点が非常に大きいと思う」
現在ヘルマンドには新しい交代部隊が派遣され、国境警備の教育訓練支援任務についている。海兵隊は小部隊の支援に当たり、陸軍からも顧問が派遣されている。
当面の戦略としては、海兵隊はアフガン軍がヘルマンドタリバンを押し出すための支援をすることになるだろう。ヘルマンド州の半分はタリバン支配下にあり、残りはアフガン政府の統治下もしくはタリバンとの競合地域である。
もっとも理想的なことは、今回の支援によってヘルマンド州を奪還し、米軍が必要なくなるくらいにアフガン軍が育つことだろう。それは2014年にこの地を撤収した海兵隊が目指したことでもある。
「この先のことはまだ検討する段階ではない。今は戦局を転換させ、アフガン人が自身で問題を解決していくように導くことが重要だ。幸いなことにわれわれのパートナーは協力的で、かつ非常に勇敢であるということだ。今言えることは、最終的な解決を話し合う段階では全くないということだ。」