ミリタリー・インフォ☆☆世界軍事情報☆☆

世界の軍事に関するニュースを速報紹介。紛争レポート、最新装備、タクティカルシューティングなどミリタリーマニアにオススメの情報盛りだくさんのニュースブログです。

米陸軍が新型火砲開発に着手 中露に対抗

f:id:mil-info:20180823211849j:plain
米陸軍は120mm迫撃砲に関する3つのプロジェクトに着手する。
2021年度採用を予定されているのは、まず将来型間接照準火砲(Fiture Indirect Fire Turret,FIFT)というストライカ歩兵戦闘車に搭載可能な120mm迫撃砲であり、次いでM113装甲人員輸送車に代わる多目的装甲輸送車、そしてM1エイブラムズ戦車とM2ブラッドレー歩兵戦闘車に代わる次世代戦闘車両である。
陸軍にはすでにストライカー歩兵大隊が装備するM112ストライカーMCがあり、120mm迫撃砲を搭載している。しかし今回陸軍が要求しているのは、載せ替えることによって81mmでも60mm迫撃砲でも射撃ができる機能的なM1129とは違い、120mm迫撃砲を使用してより強力な砲弾をより遠くまで撃ち込むことができる火砲である。つまり従来のいわゆる自走迫撃砲よりも格段に高性能なものだ。新型の火砲は、LMAMSのようなドローン兵器やミサイルを発射できるものになる。
同火砲の諸元としては、最大射程8000m~20000m、最短の射程は間接照準で200m、直接照準で50m、発射速度は最大で1分間に24発(2分間)。
また射撃の自動化も高度に追求され、分隊員の負担を軽減しながら高い発射速度を維持することを可能にするどころか、一個分隊の隊員の人数を削減することも可能になる。
これと並行して、陸軍は遠隔操作式の120mmまたは81mm迫撃砲の開発を検討している。無人の砲塔に設置する遠隔操作式迫撃砲は、敵の射弾下にあっても迅速に正確な射撃を実施でき、最低でも20発を連続して発射できるものが開発目標とされている。120mm仕様の最小射程及び最大射程距離はFIFTと同等を予定しており、81mm仕様では6000mから15000mである。
最後に120mm迫撃砲射程延伸システムについて紹介する。牽引式120mm迫撃砲M120A1の代替火砲として開発されている。陸軍は重量400ポンド程度と軽量で、軽装甲の車両に搭載または牽引され、人力でも運搬可能な火砲を想定している。400ポンド程度という重量は、歩兵の4名分隊が一人100ポンドずつの負荷を負うと想定していることが根拠になっている。
同システムの射程は9kmであり、砲発射時の爆風や発射音による隊員の耳や身体へのダメージを最小限に抑えたものになる。
ロシアでは伝統的に迫撃砲を重用している。旧ソビエト軍では牽引式のM1938及びM1943 120mm重迫撃砲を大量に装備し安価で強力な火力を発揮して、第二次世界大戦を戦った。現在のロシア軍も2S12牽引式120mm迫撃砲を装備しているが、アメリカ陸軍の迫撃砲運用構想もこれに対抗したものと言えるだろう。

ロシア軍が核兵器搭載可能な改良型爆撃機をロールアウト

軍事技術の進歩というものは、時には一つのアイディアがひらめいたことをきっかけに一気に推進されるものであるが、爆撃機についてはロシアはいまだに冷戦時代の爆撃機を高く評価し、1980年代のように巡航ミサイルによって海軍の艦船を制圧することができると考えていたようだ。しかし今回、米空軍のB-1Bランサーの廉価版とも言えるTU-22M3バックファイアは21世紀の戦いに向けて「M3M」として改修されることとなった。TU-22シリーズとしては最終形とも言える改修だろう。
・TU-22M3Mバックファイアは高度45000フィートで飛行が可能、最高速度はマッハ1.4、航続距離は3000マイル。通信や武器システムは同じだが、ナビゲーション・システムが改善され、TU-160M2ブラックジャックとの連携が可能。新しいナビゲーション・システムはロシア独自の測位システムであるGLONASSを使用しており、ナビゲーションとミサイル誘導においてアメリカのGPSシステムを使用する必要がなくなった。
・TU-22M3Mは1000km以上離れた位置から敵艦船を攻撃できるKh-32巡航ミサイルを発射可能である。従来のKh-22巡航ミサイルが射程600kmに比べて格段に向上している。
f:id:mil-info:20180820002340j:plain
・武器システムの改良で最も脅威となるのが、核弾頭が搭載可能なKh-15空中発射弾道ミサイルを装備したことだ。これによって同機は戦略爆撃機となり、ロシアの核戦略に選択肢が増えたことになる。
・さらに7月には、TU-22M3MはMiG-31とともに姿を現したが、この時には音速で飛翔するKh-47キンザル・ミサイルを搭載しており、米国及び中国のライバルとなりそうだ。ロシア宇宙軍のボンダレフ司令官は、TU-22M3MがKh-32精密誘導巡航ミサイルと音速ミサイルの両方を搭載可能であることを認めている。
f:id:mil-info:20180820002402j:plain
バックファイア爆撃機は、30年に渡って近接航空支援の要であった。1980年代のアフガニスタン、90年代のチェチェン紛争、2008年のグルジア紛争、そして最近ではシリアにおいて航空支援任務に就き、アサド政権を支えてきた。TU-22のM3M型への改修は、1990年代以降のロシア軍近代化を象徴する者と言える。

北アフリカでの対アルカイダ秘密作戦で海兵隊員2名に勲章授与

f:id:mil-info:20180818221921j:plain
米アフリカ軍のスポークスマンは水曜日、米海兵隊特殊作戦コマンドの隊員2名が、昨年北アフリカで生起したアルカイダ勢力との戦闘において武勇を発揮したとしてヴァロー勲章を受章したと発表した。
2名が所属する特殊作戦チームは北アフリカにおいて某国軍隊の教育訓練及び軍事援助のため3日間の作戦に出ていたところ、2017年2月28日にアルカイダ民兵組織「イスラムマグレブアルカイダ」と激しい戦闘となった。
勲章を授与された2名の海兵隊員は「レイダース」と表記され、2人の氏名、軍歴やチームの作戦行動の詳細などは機密とされ、公式には発表されていない。



米アフリカ軍のスポークスマンによると、戦闘の状況はまず現地軍の部隊がアルカイダと交戦しアルカイダ戦闘員1名を殺害。アルカイダ海兵隊の特殊作戦チームと現地軍に対して迂回攻撃を仕掛けたため、自衛のために反撃したという。航空支援のヘリコプターは到着していなかった。
ヴァロー勲章を受章した海兵隊員の一人はチームのアシスタント・リーダー(通常は軍曹)で、「的確に通信を保ち、友軍の正確な位置を報告した。」また、敵から激しい射撃を受けながらも、負傷した隊員に応急処置を施し、6フィート上空でホバリングするヘリコプターまで負傷者を搬送したという。
もう一人はチームメンバーの海兵隊員で、搭乗していたヘリコプターから激しい戦闘の様相を察知すると、近接航空支援を調整し、上空のガナー及びパイロットを指揮して、地上のアルカイダ民兵に対して効果的に射撃を加えた。これに対してアルカイダも正確な射撃を浴びせて応戦、ヘリに搭乗していた現地軍のガナーは足に2発被弾してしまった。「レイダース」の隊員はすぐさまガナーに代わってM60機関銃を構え、地上への制圧射撃を続行したという。
「彼は敵の激しい射撃の中、負傷した海兵隊員2名の後送及び2回の補給活動を完遂した。」
戦闘は現地軍部隊が地域を制圧して終息、負傷した海兵隊員2名も現在は完全に回復しているという。
海兵隊アルカイダが交戦したこの戦闘の7ヶ月後には、ニジェールにおいて米特殊部隊員4名が「イスラム国」に殺害される事件が発生し、国防総省はアフリカにおける特殊作戦の大幅な見直しを迫られることになった。

朝鮮戦争時の米兵の遺骨が返還 捜索の再開も

f:id:mil-info:20180728020731p:plain
ジム・マティス米国防長官は金曜日、北朝鮮が55柱の米兵の遺骨を返還したこと受け、朝鮮戦争で行方不明となった米兵の捜索が再開されることに期待感を示した。
マティス長官は55柱分の棺を搭載した米軍機が北朝鮮に向かったことについて、「一歩前進だ。前向きな雰囲気になっている。」と語った。
マイク・ポンペオ国務長官によると、今月の初めには北朝鮮が管理している米兵の遺骨返還と遺骨収集のために旧捕虜収容所跡などを共同で捜索することについて合意していたという。



在韓米軍及び国連軍司令官のブルックス大将は8月1日に遺骨を正式に受け取るための式典を執り行い、遺骨を家族に返還する作業に入る予定であり、「遺骨を家族の元へ届けられることは名誉あることだ」という。
すでに米空軍のC-17 グローブマスターが北朝鮮のウォンサン近くにある空港に向かい、星条旗に包まれた55柱の遺骨を乗せて韓国のオサン空軍基地に到着している。
マティス長官の指示により、今回の返還は65年間に渡って休戦協定の遵守を監視してきた国連の管理下において行われた。
ブルックス大将は「綿密な調整のおかげで任務は無事に成功した。」という。
遺骨の受け取りの式典では、国連旗ではなく星条旗が掲げられ、遺骨はハワイのヒッカム空軍基地に運ばれる予定。

殺害された米兵は陸軍兵士 アフガニスタン

f:id:mil-info:20180710020838j:plain
土曜日にアフガニスタン治安部隊隊員の寝返りによって殺害された米軍兵士は、新設された治安部隊支援旅団(SFAB)所属の伍長であることがわかった。
米陸軍当局は日曜日、カリフォルニア州出身のジョセフ・マシェル伍長20歳がアフガニスタン治安部隊隊員の寝返りによって殺害されたと発表した。負傷した2名については不明のまま。
マシェル伍長はジョージア州フォートべニング駐屯の第3師団第3歩兵連隊第1大隊所属で、第1治安部隊支援旅団として2月からアフガニスタンに派遣されていた。ブロンズ・スター、パープル・ハートなどを受章しているという。
大隊長デヴィット大佐は「伍長は優秀な隊員であり、チームメートに愛され、献身的に任務を遂行した。悲しみにくれるご家族やご友人にお悔やみを申し上げる。」と弔辞を発表した。



陸軍は地球上のあらゆる地域で軍事援助・顧問任務や相手国軍隊の教育訓練を行うことを目的として、2年前から治安部隊支援旅団(SFAB)を編成し、準備と訓練を実施してきた。今年の初めには第1治安部隊支援旅団がアフガニスタンに初めて派遣されている。事件の数日前には、国防総省が同旅団の任務が成果を挙げているとの報告書を発表したばかりであった。
マシェル伍長が殺害された状況については伏せられており、詳細は不明。2008年以来、アフガン治安部隊の兵士が米軍兵士を攻撃する事件は毎年発生しているが、死亡に至った事件としては今年初めて。

米軍兵士が死亡 寝返ったアフガン人が攻撃

f:id:mil-info:20180708145500j:plain
アフガニスタン南部で土曜日、寝返りしたアフガン治安部隊隊員の攻撃によって米軍兵士1名が死亡、2名が負傷した。
当局は現在のところ事実関係を調査中であるとし、死亡した兵士の氏名などは家族への連絡など国防総省と調整の上で発表するとしている。



米軍がアフガニスタンにおける戦闘任務を終了させ、アフガン治安部隊への援助及び顧問任務に転換した2015年1月以来、49名の米軍兵士が死亡している。今年だけでも戦闘により3名が死亡した。
アフガン治安部隊隊員が敵に寝返り、米軍兵士を攻撃する事件は、2008年以来毎年発生している。特にタリバンが支配する南部のヘルマンド州が一番多い。
ルマンド州にはアフガン治安部隊を支援するために、米海兵隊「タスクフォース・サウスウェスト」が展開している。

米空軍、搭乗員向けに自衛用ライフルを採用

f:id:mil-info:20180708080423j:plain
米空軍は、戦闘機や爆撃機のクルー用の新小銃を採用した。この半自動自衛用ライフルは脱出用サバイバル・パックに収納される。
米空軍のスポークスマンによると、新しい小銃はGAU-5A Aircrew Self Defence Weapon(ASDW、搭乗員用自衛火器)といい、十分なフィールドテストの結果採用が決まった。
「ADSWは戦闘任務において緊急脱出が想定される全ての航空機に搭載される。空軍の要求基準に基づく評価テストの結果、ADSWは敵をより遠い距離に留めることができる、と認められた。」
従来、パイロット達のサバイバル・パックにはナイフと拳銃が収納されていた。ADSWにより墜落や緊急脱出で敵地に降りたクルーがより強力な自衛火器を持つことになる。
ADSWが搭載される予定の航空機は、F-15イーグル及びストライク・イーグル、F-16ファイティング・ファルコンA-10サンダーボルトⅡ、F-22ラプター、B-1Bランサー、B-52ストラトフォートレス、B-2スピリットなど。



スポークスマンによると、M4を基に開発されたADSWはサバイバル・パックに追加装備として採用されるため、ナイフや拳銃は装備品に残るという。GAU-5Aはすでに量産に入っており、2137丁が納入予定。
GAU-5Aは通常の5.56mm弾を使用し、セミ・オート及び3発バースト射撃が可能。一部報道によると、Cry Havoc Tactical社のクイック・リリース・バレルを採用しているという。
GAU-5Aという記号は、ベトナム戦争時代にM16を基にした自衛用火器につけられていたもの。当時は他にもXM177E2を基にした銃も採用されており、こちらはGAU-5A/Aと表記されていた。
米空軍は1999年コソボ紛争においてF-16セルビア空軍のMiG-29を撃墜して以来、20年間空中において敵機とドッグ・ファイトを演じたことがないが、一方で同年のNATO軍によるユーゴスラビア空爆において、F-16CJが敵の地対空ミサイルで撃墜されている。このときのパイロットは現空軍参謀総長のゴールドフィン大将であった。
空軍は近い将来にロシアや中国といった米国に対抗しうる力を持った国と大規模な戦争になった場合、クルーたちの危険度が増すのではないかと危惧しており、最近のシリアでの経験から教訓を得ようと努力している。
「訓練では効率を追求して無駄を省き、反復演練する時間を多く取るようにしています。」と第414教育飛行隊のミカエル大佐は語る。飛行隊では地球上のいかなる場所でも戦闘任務を遂行できることを目的として、実戦的な訓練を提供しているという。
「任務を成功させるには、敵の空対空システムだけでなく、地対空システムを制圧することが必要になります。適切な指揮統制に加えて、情報・監視・偵察が作戦の成功要因なのです。」